安眠

□sponsor site


心地よい姿勢を生み出す「睡眠」が腰痛など体の痛みを癒す。

”腰痛など”の体の痛みは、様々な要因によって起るものです。そんなひとつの要因の中に 「睡眠時の姿勢」があります。本来、日中の生活において酷使した体やバランスの崩れを 癒し、改善するのが”睡眠”の役割のひとつなのですが、逆に良い睡眠(睡眠姿勢)が 確保できていないと、体を痛める(腰痛など)原因となってしまうのです。

□sponsor site

そんな”体を癒す睡眠”にとって大切な要素となるのが「寝返り」をスムーズに行えるかどうかということ。

”安定した睡眠姿勢”という言葉から誤解を招いてしまうことが多いようなのですが、 一定の姿勢のままでは、「体を痛めてしまう」のです。人は”血流促進”"骨格バランスの改善"など のために睡眠中「寝返り」をするのです。

本当の意味で「安定した、安らかな睡眠(安眠)」を得るためには、「固すぎることなく体の形状を 保ちながらしっかりと支えることができる寝具(マットレスなど)であること。また、寝返りを 阻害することのない体の動きに追随できる寝具であることが大切な要素となるのです。

”寝具”情報。自分に適した「寝具」とは。
体の痛みと寝姿勢から見分ける”敷布団”ポイント!!



”上質な睡眠を得られない(不眠など)”ことが、各種身体の不調を招く要素に。

”上質な睡眠”を得ることが出来ないと、単に”寝不足”を感じるというだけでなく、 様々な身体的な不調・トラブルを招く要因ともなりかねません。 特に、”寝不足”がすぐに不調として現れるのが「肌トラブル(ニキビ、肌荒れなど)」です。 そんな形で現れてきた不調は、”ニキビのスキンケア”と同時に、”睡眠環境の改善”も 行うことが大切な要素となることを忘れないようにしていただければと思います。

ニキビ跡を”治す”ためのスキンケア!!ニキビ跡専用スキンケア商品紹介



”機能”の異なる3種類のマットレス。「高反発」「低反発」「体圧分散」

多様な人気マットレスがありますが、”機能”という側面から分類すると3種類のマットレス 「高反発マットレス」「低反発マットレス」「体圧分散マットレス」 が存在しています。 それぞれ特徴が異なり、相反する要素も存在しています。基本的に腰痛など身体軽減する上で ”腰痛の要因””身体特性(体型、骨格、体重など)”の違いにあわせて、適切なマットレス(敷布団)を 見極めることが大切。同じ”腰痛”といっても、「低反発マットレス」で腰痛解消される人もいれば 「高反発マットレス」によって、症状改善させる人もいるのです。逆に、適正と異なるマットレスを 使用していると、腰痛などが悪化する要因ともなるもの。まずは今使用しているマットレスには無い機能性 を有するアイテムを選ぶことを心がけるといいのではないでしょうか。ちなみに、 3種類の機能性マットレスに関して、それぞれ代表的な人気マットレスが下記となっています。

高反発マットレス「エアウィーヴ」 の詳細はこちら。
高反発マットレス「Air Cocoon/エアコクーン」 の詳細はこちら。
低反発マットレス「トゥルースリーパー」 の詳細はこちら。
体圧分散マットレス「雲のやすらぎ」の詳細はこちら。



体圧分散機能による「身体への労わりと癒しをもたらすの敷布団

こちらは、「体圧分散機能」を重視して開発された”体圧分散敷布団「雲のやすらぎ」” です。体があまり深く沈みこむことなく、しっかりと支える力を有しながら、”重さ”を一箇所に集約して しまうことなく、左右上下に分散させることで、”身体への圧迫感”や”局所的な痛み”を無くす・・そんな仕組みの敷布団なのです。 朝目覚めたときに、「肩の痛み」「腰の痛み」「背中の痛み」など局所的な”痛み”を感じることがある人 は、”体圧分散機能マットレス”が最適なアイテムとなってくれる可能性が高いものに。 今、多くのTV番組や雑誌などで取り上げられきている注目の敷布団が体圧分散機能のマットレス「雲のやすらぎ」。詳細は下記記事をご参照してみて いただければと思います。

体圧分散機能のマットレス「雲のやすらぎ」の特集はこちら。

耐圧分散マットレスの機能


”腰痛”を癒してくれる人気の「睡眠」アイテム。







日本の生活環境に適した「高反発マットレス」。”繊維構造”と”空気層”が特徴に!!

睡眠


”高反発マットレス”に共通した要素(仕組みなど)となるのが「繊維状構造・空気層構造」を有している ということです。3次元的に絡み合う特殊な繊維構造が、「強度」「高い反発力」「追随性」「高い通気性」 といった要素を兼ね備えたマットレスを創出。 そして、これらの構造的特性は、以下のような機能的メリットを生み出しています。

1)高い反発力がしっかりとした”支え感”と空気の上で眠っているような安眠環境を創出 すると共に、”スムーズな寝返り”をサポートしてくれます。正しい「姿勢保持力」が、 ”腰痛”など軽減してくれることに。

2)湿度がこもらない『空気層構造』のため、カビ・ダニの発生が起りにくいマットレスとなります。 アトピーなどのアレルギー性の皮膚トラブルの要因も少なくなります。

3)”繊維構造・空気層構造”による「軽量マットレス」ですので、簡単にご家庭で”丸洗い”できる のが特徴。掃除や布団干しをする上でも持ち運びが楽に出来て、物理的にも 腰への負担を減少してくれる要素となります。

4)「上敷き」のマットレスですので、現在使用している、マットレス・敷布団の上に、設置する だけで、手軽に活用できるのも魅力に。


”機能性マットレス”は「身体特性」などとの相性がとても大切な要素となるもの。ゆえに、日本人のためにと 研究・開発された商品であることがとても大切な要素となります。ここでは、近年、身体が資本ともなっている日本のアスリート達 の多くが活用し始めたことから、人気を高めている代表的な”日本製”の高反発マットレスをご紹介したいと思います。


高反発マットレスの人気を広めるきっかけとなった「airweave/エアウィーヴ」。

睡眠 独自に研究開発した新素材「極細繊維状樹脂」によって、創出されたのが「airweave/エアウィーヴ」 です。世界的な人気フィギュアスケーター”浅田真央さん”が悩まされていた腰痛軽減対策のひとつとして、使用 継続したことから、爆発的な人気を有するようになりました。 エアウィーヴは現在使用している、『布団・マットレス(ベッド・単体)』の上から敷いて利用 する軽量の上敷きマットレスです。”厚み”の違いによって、通常版のエアウィーヴの他に少し薄目 のお手軽タイプとしてエアウィーヴ・ライトがあります。 それぞれ「シングル・セミダブル・ダブル」がありますのでお好みに合わせて選択していただければ と思います。

airweave【エアウィーヴ】 の詳細・ご購入はこちらから。


高反発マットレス「Air Cocoon/エアコクーン」。

エアコクーン 高反発マットレスへの注目が高まる中、後発ながら人気を高めてきているのが 高反発マットレス「Air Cocoon/エアコクーン」です。こちらも、多くのアスリート達の評価を得てきており、 各種ロンドンオリンピック代表チーム(ホッケー女子代表、バトミントン女子代表)の健康管理の一環として 活用されている他、介護施設や病院などでの介護用アイテムのひとつとしても実績を積んできています。 素材には、独自開発された、三次元網状構造クッション「E-CORE」を採用。 糸状のポリエチレン樹脂を3次元に組み合わせた新素材・クッションならではの 「身体の局所的に負荷をかけない」「清潔さを保ちやすい」という特性が、認められているという ことなのではないでしょうか。

Air Cocoon/エアコクーン の詳細・ご購入はこちらから。

高反発マットレス特集!!「高反発マットレスの特性」



使用環境に注意(環境条件有り)が必要な「低反発マットレス」。

”低反発マットレス”は、「低反発発泡ウレタン」という素材で作られています。 押して凹みが出来ても、それがなかなか元に戻らないといった性質を有する素材です。 これは、高反発マットレスの素材である「繊維状構造」とは、相反する特性を有しているもの。 「熱が篭もる(通気性が無い)」「重さがある」他、「気温・湿度環境の違いによって、 性質(固さ)が変化する」という特徴があるのです。

もともと、季節変化の少ない地域(北欧など)で開発された商品で、一年を通じて安定的な 気象・自然環境である地域では、問題がないのですが・・日本のように四季変化が大きく、 ”気温””湿度”環境が大きく変化する地域の場合、「性質が変化(固さが変化)」することが 大きなデメリットとなってしまいます。簡単に言えば、日本においては、「夏は、とても柔らかくなりすぎて、 身体を支える力がなくなると共に、熱が篭もることによる不快さが発生。冬は逆に、マットレスが固くなりすぎて、 身体に負荷を与える要素となりうる」ということ。基本的には、一年を通じて”温度変化・湿度変化の少ない居室環境” とすることができる場合に限って、低反発マットレスのメリットが活かされるということを覚えおいて いただければと思います。 そんな条件下において、メリットとしては下記要素があげられます。

1)寝姿勢・骨格にあわせて、マットレスが沈み込んでくれることから、”骨格の歪み・湾曲の大きい人” に適したマットレスとなる傾向があります。

2)”横向き”の寝姿勢となる機会が多い人に適したマットレス。横向き姿勢では、腕・肩などが邪魔になり 、圧迫されることになりますが、低反発マットレスの場合、下になった腕や肩の負荷を少なくしてくれます。


世界的に人気の高い低反発マットレス「トゥルースリーパー プレミアムマットレス」

睡眠 NASAが宇宙飛行士のために開発したといわれる低反発素材 をヒントに開発されたのが”ウルトラヴィスコエラスティック”です。弾力性と復元力の高さが最大の特徴で、対応や 耐圧の変化に合わせて反発力や形状が変化、常にオーダーメイド寝具のようなフィット感があるのが人気のポイントと なっています。 体が資本のスポーツ選手や”癒し”の提供を大切にした一流リゾートホテルなど世界中でロングセラーとなっている体に優しいマットレス。 今使用している「ベッド」「敷布団」を買い換えることなく、そのまま活用できるのも魅力です。

低反発マットレス「トゥルースリーパー」 の詳細・ご購入はこちらから。



”腰痛””身体を痛めない”ために、重要な「体圧分散機能」。

”腰痛””局所的な身体の痛み”ということを考えたときに、最も重要な要素となるのが、 「体重を上手く分散する」ということです。体重(体の圧力)がマットレスに伝わったときに、 力が分散されないタイプだと、その反作用という形で、マットレス側から身体部分に力が加わる ことになるんですね。例えば、”板の間”にそのまま寝転ぶと、体を支える接地面がとても痛くなる というのが、まさに”体重を分散することが出来ない”ことによって生じる出来事(痛み)なのです。

この”体重(体の圧力)を分散する”方法には、いくつか種類があるといいますか、特徴の異なる 仕組みが存在しており、「高反発マットレス」「低反発マットレス」にも、程度に差はあれ、”体圧分散機能” は存在しています。”高反発マットレス”の場合は、「網目繊維状の構造」が力を拡散する働きを。 ”低反発マットレス”の場合は、接地面が局所とならないように体背面全体がマットレスに沈み込む ことによって、接地面を広する(力がかかる場所を分散)という仕組みによってもたらされています。 ただ、それらはある程度、体圧分散するために条件が必要となると共に、商品によって”分散力”に も大きな差が存在しているのです。

”腰痛””局所的な身体の痛み”を解消する上で最も重要な要素となる「体圧分散機能」に特化して 研究・開発されたマットレス(敷布団)が「体圧分散マットレス」と呼ばれているアイテムです。 基本的には、各自の身体的特徴や使用状況(気温・湿度など)・寝姿勢に関わらず、すべての人にとって 、”体圧を分散してくれる仕組み”を有しているのが特徴です。基本的に、特性の異なる素材を 複数組み合わせた「多層構造」となっており、”ふかふかとして感触”がありながらも、しっかり”姿勢保持” してくれ”寝返りも補助”してくれます。


雲の上にいるような”寝心地”も重視した、体圧分散機能のマットレス「雲のやすらぎ」

体圧分散機能のマットレス ”体圧分散機能”に特化した研究・開発と共に、日本人(日本の生活環境下での睡眠)にとって 安眠に繋がる”寝心地”を重視して開発されたのが体圧分散機能マットレス「雲のやすらぎ」です。 名前の由来ともなった、”ふかふか””ふわふわ”とした寝心地感が特徴となっています。 寝姿勢に応じて、上手に身体圧力(体重)をマットレス全体へと分散してくれる「多層構造」を 有しています。厚みのあるのが特徴で、単体で活用することができる敷布団タイプとなっています。 もちろん、既存のマットレスの上に敷いて使用することもできるもの。「痛み軽減」と「安眠」の 2つの要素を求めている人におすすめです。

体圧分散機能のマットレス「雲のやすらぎ」 の詳細・ご購入はこちらから。



”腰痛”を軽減してくれるマットレス選び!!「固すぎず」「柔らかすぎない」ものを。

基本的に、”睡眠(寝る姿勢)”によって、腰痛が引き起こされたり、痛みが増してしまうのは、 自分の骨格に適した”姿勢”を保つことが出来ていないことが要因となります。「骨格」という要素も 人によって大きな違いがあることも忘れてはいけないポイントです。

適切なマットレス選びの最大のポイントが「自分にとって、固すぎず、柔らかすぎないマットレスを選ぶ」 ということ。傾向としては、寝姿勢の骨格があまり”凹凸の少ない骨格”の人の場合は、一般的に「固め」 と感じられるもののほうが姿勢を保ちやすいことに。逆に”凹凸の多い骨格”の人の場合には、「柔らかい」 と感じるものが、凹凸のある骨格姿勢を保ってくれるマットレスとなります。

□sponsor site

ゆえに、あまり一般的な評判(高反発or低反発マットレスに対する口コミ評判)に左右される ことなく、自分の寝姿勢の骨格形状を見極めた上で、マットレスを選んでみるといいかと思います。 ただ、骨格形状に関わらず、「体圧分散機能を有している」マットレスであることは、”腰痛軽減” ”安眠”のために有効な要素となりますので、体圧分散機能は重視していただければと思います。

□sponsor site

*